施設案内

廊下

じょうはな織館について

江戸時代から加賀絹の産地として栄えた町、城端。最盛期には、町の至る所で機織りの音が聞こえてきたといわれています。当館の煉瓦造りのレトロモダンな建物は、 昭和3年に城端織物組合事務棟として建てられたものです。国の有形文化財に登録されています。